脂肪の減らし方

女性でも男性でも、年齢に関係なく体系の事を気にしている方は多いと思います。
一般的に脂肪と呼ばれる物の正式な名称は中性脂肪の事であり、
肥満気味の方はこの中性脂肪を減らさなければいけません。
中性脂肪は、人間の体を動かすエネルギー源となり、
食事などから摂取された脂質は小腸から吸収された後血液に取り込まれ、
私たちが活動する為のエネルギーになります。
しかし、そのエネルギーは使いきる事ができなければ
中性脂肪として体に蓄積されていってしまいます。
これがいわゆる体についた贅肉です。

贅肉が増えて続けてしまった人は、服のサイズが変わってしまったり、
顔の形が丸くなってしまったりする為、見た目を気にされる方も多いでしょう。
しかし、脂肪の本当の怖さは、体内で起こっているのです。
中性脂肪値が増えてしまうとどうなるかと言えば、
動脈硬化・脳卒中などを引き起こす原因の悪玉コレステロールが増加してしまうのです。
そしてさらに、善玉コレステロールを少なくしてしまう働きがありますので、
動脈硬化から引き起こされる心筋梗塞・狭心症・脳卒中などの
命に関わるような病気に注意しなければいけませんね。

そのような事にならない為にも、中性脂肪は増やさないようにしなければいけません。
脂肪の減らし方として最も手っ取り早い方法は、節酒する事です。
アルコール自体には中性脂肪を増やす力はありませんが、肝臓がアルコールを分解し、
その途中に中性脂肪への変化が進んでしまいますので、
飲酒すると言う行為が脂肪をつける原因となってしまうのです。

中には、節酒するだけで中性脂肪が減る人もいるほど、
お酒には肥満の原因が詰まっておりますので、お酒が大好きで体系が気になる人は
お酒の量を減らす事ができるように努力するようにしましょう。
他では、よく病院などではバターやお肉の脂身の摂取を減らすよう
指導されるように言われる事もあると思いますが、
ジュースや炭水化物の摂取も控え、カロリーを考えた食事ができると良いですね。